グリーンソフトウェア工学の原則 はじめに

Posted on September 2nd, 2022

The principles of green software engineering are A set of tools required to define, develop, and run a software application It's a core competency.

グリーンソフトウェア工学の原則 はじめに

グリーンソフトウェア工学の原則 はじめに

グリーンソフトウェア工学は、気候科学、ソフトウェアプラクティスとア ーキテクチャ、電力市場、ハードウェア、およびデータセンターの設計が 関連する新しい分野です。

グリーンソフトウェア工学の原則は、環境負荷が少なく持続可能なソフト ウェアアプリケーションを定義し、開発し、実行するために必要な一連の 核となるコンピテンシーです。

これらの8つの原則は、グリーンソフトウェアエンジニアとは何を意味する のかの共通認識を形成します。これは以下に依存しません:

  • アプリケーションドメイン

  • 業界

  • 組織のサイズまたは種類

  • クラウドベンダーまたはセルフホスト

  • プログラミング言語またはフレームワーク

この知識の統合により、グリーンソフトウェアエンジニアは、炭素汚染に 対して有意義な影響を及ぼすアプリケーションについての判断を下すこと ができます。

想定読者

アプリケーションを開発、展開、または管理する人。

概要

  1. 炭素:炭素効率の高いアプリケーションを開発する。

  2. 電力:エネルギー効率の高いアプリケーションを開発する。

  3. 炭素強度:炭素強度が最も低い電力を消費する。

  4. エンボディドカーボン:ハードウェア効率の高いアプリケーションを 開発する。

  5. エネルギープロポーショナリティ:ハードウェアのエネルギー効率を 最大化する。

  6. ネットワーク構築:データ量とネットワーク上の移動距離を減らす。

  7. 需要形成:カーボンアウェアなアプリケーションを開発する。

  8. 測定と最適化:全体的な炭素効率を高める段階的な最適化に焦点を当 てる。

グリーンソフトウェア工学の2つの哲学

グリーンソフトウェア工学の8つの原則に加え、2つの哲学があります。

誰もが気候ソリューションで果たす役割があります。

この記事を読んでいるあなた自身が、環境問題の意識が高いと認識してい るのであれば、あなたは環境を気遣い行動を起こしている人々の世界的な 大規模活動の一部であるということを知っておいてください。環境意識は 、シリコン設計からユーザーエクスペリエンスの設計まで、エンジニアリ ング全体のあらゆる分野に取り組みます。 何も単独では起こらず、すべてがつながり、小さな変化が大きな変化につ ながります。技術会議でサステナビリティについての議論することを常と する行為でさえ、他の人たちが声を上げるための力を与えるでしょう。こ のことは、あなたが組織で変化を起こす方法となります。

グリーンソフトウェア開発者として、誰もが気候ソリューションで果たす 役割があると信じています。グリーンソフトウェア工学は包括的です。い かなるセクター、業界、役割、技術であれ、影響を及ぼすためにできるこ とが常にあります。

サステナビリティは、それ単独で、私たちの取り組みを正当化するのに十 分です。

グリーンソフトウェアエンジニアとして、持続可能なアプリケーションを 開発することに多くの利点があることを認識しています。それらは大抵、 安価で、性能が良く、レジリエンスです。しかし、私たちがグリーンソフ トウェア工学を実践している一番の理由はサステナビリティのためで り 、他のすべては副次的効果です。

原則を適用する

グリーンソフトウェア工学の原則を一般的なアプリケーションアーキテク チャに適用するいくつかの例は次のとおりです:

  • Webキューワーカー

  • 多層アーキテクチャ

  • マイクロサービス

Principles.Green

持続可能なグリーンソフトウェア工学の原則は、

グリーンソフトウェアアプリケーションを定義し

、開発し、実行するために必要な一連の核となる

コンピテンシーです。

マイクロソフトのグリーンクラウド・アドボカシー・リードであるアシム・ハッサンによる個 人的なプロジェクト。グリーンソフトウェア工学の原則に基づくさらなるトレーニングは、マイクロソフト学習プラットフォームでアクセス可能です。

This article is licenced under Creative Commons (CC BY 4.0)